世界に一つ!あなただけの扇子を選ぶランキングサイト

各社の総合評価早見表

Home > 扇子のコラム > 最近、扇子に人気が集まっているようです

最近、扇子に人気が集まっているようです

気温が高くなるとエアコンや扇風機に頼りたくなります。
しかし屋外にいる場合には扇子を使うとよいでしょう。
そうすることによって、ある程度涼しさを感じることが出来ます。
しかも持ち運びしやすいというメリットがあります。
コンパクトなのでウチワとは違って持ち運びしやすいということがあります。
デザインも色々あります。
最近では日本に旅行をしている外国人がお土産として求めることが多くなっています。
高級なものもたくさんありますが、お土産として販売されているのはリーズナブルなものが多いので気軽に購入をすることが出来るようになっています。
扇子だけではなく、専用のケースもあるので同時に購入をしてみるとよいでしょう。
オシャレですし、個性を出すこともできるようになっています。
エコを考えているのであれば、1つは持っておいたほうがよいでしょう。



日本の伝統文化における扇子の役割

扇子は中国から伝わったと思われる人もいるかもしれませんが、平安初期の日本が発祥です。
当時は現在とは違い紙が非常に貴重であったため、短冊形の木に書をしたためた木簡を綴じて使ったのがその始まりと言われています。
当然身分の高い貴族しか使えないもので、庶民の間に広まったのは江戸時代に入ってからです。
扇子はただ扇ぐだけではなく、日本の伝統文化の中で非常に重要な役割を担っています。
例えば日本舞踊や能などの舞においては欠かせない小道具であり、流派や舞台の演目によって柄に違いがあります。
また落語においても必要不可欠で、箸、たばこ、杯、しゃもじ、時にはスマートフォンに見立てるなど、観客の想像力を高める役割を果たしています。
他には冠婚葬祭時に携えたり、神社仏閣での儀式にも用いられます。
夏の暑い時も扇子で扇ぐと品のある感じがするのは、格式高い日本の伝統文化の中で常に使われているからかもしれません。



扇子とうちわの違いを考えてみよう

涼しむ為に作られて発展してきた扇子とうちわです。
夏になると浴衣や甚平を着てうちわなどを持ち歩く人も増えて着ます。
扇子は、涼しむ為に持ち運びに便利な携帯用です。
うちわは涼しさを得る為に作られました。
自宅や職場など持ち運ばないで置いておく為用です。
扇子は、どこへでも持っていけます。
洋服の内ポケットやカバンの入れて持ち運びができます。
あおいでも音が小さいので公共の場でも使用することができます。
少ない労力でも風を発生させ涼がとれるように工夫されています。
弱い力でも機能的に作られているので涼しむことができます。
デザインも豊富でインテリアとして楽しむ方も多いです。
最近では色々な素材で作られていて個性的なものをコレクションする方もいます。
日本を感じるものでもあるので海外の方にも人気が高いです。
お土産やプレゼントとしても喜ばれています。

次の記事へ

カテゴリー