世界に一つ!あなただけの扇子を選ぶランキングサイト

各社の総合評価早見表

Home > 扇子のコラム > 扇子を日常生活の中で使ってみると

扇子を日常生活の中で使ってみると

暑くなると下敷きなどで顔を無意識のうちにあおいでいる人がいますが、昔から何かで風を送り涼をとる習慣はありました。
貴族が用いた扇子は形をさほど変えることなく町人や武士に受け入れられ、特に女性が用いる道具として浸透しています。
もちろん男性も利用しますが、落語家など特殊な職業に就く人が小道具として用いるケースが多いです。
また、和服を着る場合にもこれを利用することでびしっとしまります。
扇子を日常生活の中で使ってみると、意外にも恰好良いアクセサリーになることがわかるでしょう。
これは、気品ある人が使っていた道具でもあり、その伝統が息づいているからに他なりません。
時代劇などでもよく見ることがありますが、優雅な雰囲気の人が用いるとすごく絵になります。
高級品には絵や柄が入っており、高値で取引されていることもあって、非常に価値があります。



扇子は単なる小道具ではなく重要なアイテム

落語家や時代劇の侍が小道具として扇子を使う場合がありますが、これは現代に生きる日本人が使わなくなったアイテムの一つです。
しかし、和服になると夏の暑い日に涼をとるのに使ったりします。
西洋の物と東洋の物で多少形は異なりますが、一般的には女性が持つ道具として解釈されています。
王侯貴族が用いるのは有名な話で、プリンセスや令嬢と呼ばれる人も利用することがあります。
日本では芸者さんや舞妓さんなどが使っているのを見かけますし、彼女たちが用いると非常にかわいらしくあでやかです。
現在は自分の好みの絵などをプリントした扇子を業者に頼んで製作することもでき、若い人を中心にしてこのサービスの利用者は増えています。
一見すると日常生活で使わない物ですが、自分を少し大人に見せることができるなど実は重要なアイテムとしてこれが認識されているわけです。



扇子を使うことでキャラクターが変化する

普段使わないような道具を使うようになったり、普段着ない服を着ると、周りの見る目も変わるでしょう。
昔から使われてきた扇子は芸者や落語家、武士など特定の人が使う道具として認識されてきましたが、老若男女を問わず利用するようになりました。
これは、風を送るうちわのような役割と共に、おしゃれなアイテムを持つ人というキャラクター性を加えることにつながっています。
最近の扇子は良い香りがしたり花やキャラクター、風景画などがプリントされている物が多く、素材なども千差万別です。
骨組みから紙まですべてがオリジナルの物もあり、自分だけの一品をオーダーすることも可能です。
生活の中でなくてはならないとまでは言いませんが、あればちょっとしたアクセントにもなります。
中には遊び心で漫画やゲームのキャラクターをプリントする若い人もいて、自分らしさを演出してくれます。

次の記事へ

カテゴリー